2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もし全盛期の大山倍達が極真の大会に出たら

1 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/20(金) 12:57:32 ID:sklyVElJ
顔面殴って反則負け。
で、「顔殴ったら反則。こんな軟弱なルール作ったのは誰だ。
顔を殴られるのを怖がるなんてお嬢様空手と呼べ。」
と言うと思う。

2 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/20(金) 12:58:28 ID:sgNjUoDI
>>1
意外に受けました。

============終了============

3 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/20(金) 13:02:05 ID:eBbO9dky
全盛期がいつかは意見が分かれるだろうが、寸止めの大会で「ルールを守って」快勝したのがきっかけで大山道場、極真空手を起こしたんだろ。
で、試行錯誤の結果フルコンルールに収まったはず。

4 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/20(金) 14:07:46 ID:cmuCLKie
バックドロップ

5 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/20(金) 14:41:30 ID:2X0ZmAIl
顔を殴らない(殴られない)極真ルールは
あくまでも敷居を低くして多くの人が参加できるようにするためのもであり、
超人追求をしていた大山倍達自身がやるものとしては物足りないものだったでしょう。

昔「大会偏重になることによって選手は顔面が甘くなり、顔面を殴るムエタイとかに
負けるようになってしまうのではないですか?」という読者からの質問に対して
大山は
「確かに大会だけを考える選手は顔面に弱いだろう。しかしそういう選手は
私の空手の一部だけしか理解していないのだ。
私は全ての選手の首に綱をつけて“大山倍達になれ”と強制するわけにはいかない。」
と答えていた。

6 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/20(金) 19:20:20 ID:Wc9FvbuZ
総裁が優勝したつってる全日本てちゃんと記録残ってんのかねぇ…



7 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 00:09:07 ID:s+WnyaQv
戦前や戦中の空手道は現在の極真より痛かったと考えてます。
安全なスポーツ化していく空手道を弱くしたくなかったのでしょうが。
その当時と同じやり方は現在の世の中では、難しいですね。
現代でのルールは人の安全性から厳しく制限されてしまうのは仕方ないことです。
拳を鍛えて戦うのが空手の継承という考えが根強い、寸止めや極真ルールでは
引き続き、グラブは、拒否され続けることと思います。

8 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 01:55:57 ID:BSJAwAed
>拳を鍛えて戦うのが空手の継承という考えが根強い、寸止めや極真ルールでは
>引き続き、グラブは、拒否され続けることと思います。

極真の選手は拳を余り鍛えていない人多いけどね。
手による顔面攻撃が禁止だから拳で打つのは腹だけ。だから試合用の稽古に偏ると
拳の鍛錬は余り必要ではなくなる。
拳道会では凄く鍛えるけど。

9 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 02:18:18 ID:yf+NqG3H
スレとは直接関係ないが…
戦前、戦中の空手は、激しかったらしいよ。爺様いわく、稽古というより、まんま喧嘩だったらしい。所謂寸止めはナシで、顔は勿論金的攻撃も当たり前だったみたい。前出の爺様は、武専で空手やってたらしいけど。

スレ違いスマソ…

10 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 08:47:11 ID:BSJAwAed
>>9
それなら何故、極真の第一回目のオープントーナメントが開催されたとき
伝統派の重鎮たちが「実際に突き蹴りを当てたら死人が出ると思っていました。
ところが極真の選手たちの突き蹴りが当たっても一人も死人が出なかった。
これをみて極真の突き蹴りは未熟なのだと分かりました。」
みたいなことを言ったのでしょうか?
当時の伝統派のお偉方なんて大半が戦前戦中から空手やってた生き残りだったはずだし。
戦前戦中の空手は当てるのは当たり前、顔も金的も当たり前だったなら
その時代に空手やってた人々が何故「実際に当てたらどうなるか?」ということを
解っていなかったのでしょうか?

11 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 08:54:35 ID:OyY8I0KC
ダンス空手だったからでしょう。

12 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 09:08:14 ID:57VawHBV
極真ルールは、新たに作られたというより、スポーツ志向を強めつつあった、当時の空手界の潮流に抗して、昔ながらの倒し合いをやろうとした墨守派、と解釈した方が妥当なのかも。


13 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 09:14:35 ID:l9+eRwqZ
>>11
横スレになります。
その言葉は有名だが、それを額面通りに捉らえるのはどうかと。
空手界の勢力争いの中、伝統派の重鎮達にとって、新興会派で急速に勢力を伸ばす極真。
これは脅威であり、保身の為にも放置できない事態だったのです。
当然に極真に対する発言も、反極真的なものとなります。
実際に死人が出るかはともかく、死人が出て欲しかった、というのが真意。
そうすれば極真は批判され、ひいては衰退の運命を辿る。
そして自分達の立場や伝統が 守られるという訳。
ルールの危険性より、政治的な意図がそういう発言となった。

14 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 09:41:44 ID:+6abKVSc
>>10
>「実際に突き蹴りを当てたら死人が出ると思っていました。
ところが極真の選手たちの突き蹴りが当たっても一人も死人が出なかった。
これをみて極真の突き蹴りは未熟なのだと分かりました。」

それは南郷継正氏の言葉だね。でも、実際、南郷氏は自分の道場で自分の未熟さを
知ることになった。その後、南郷氏は大山氏に敬意を表するようになった。

15 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 09:47:20 ID:BSJAwAed
>>13
本当は>>10への返信ですね?
「実際に当てても死なないから極真の技が・・・」に政治的な意図があったのは
その通りでしょうが、多くの伝統派の人も当てるのが当たり前の時代の空手を
経験していたのなら、伝統派の重鎮がそんな発言したら伝統派の内部からも
反発食らうんじゃないでしょうか?
「我々のトップは空手が何も解ってはいないのか?」と。

それに極真の大会が初めて開催された頃、実際に当てるということで凄く画期的だったのは確かですが
戦中戦前は空手は当てるのが当たり前だったなら極真ルールなんて全然画期的では
なかったはずなのでは?

16 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 09:54:21 ID:vOZgo3A8
顔面殴打や金的も有りでガンガンやっていたんなら
そんな連中が普通寸止めルールなんて制定しないよな。

17 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 10:10:09 ID:57VawHBV
空手が反社会的・暴力的な殺人術、という世間のイメージをどうにかしないと、ジャンルそのものがアンダーグラウンドに追い込まれかねない状況にあった、っていうことは踏まえて置かないと。
極真空手にしても、打撃力と耐久力の限界に挑む厳格な「競技」としての面が、人々に支持され広まったのだし。

18 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 10:34:49 ID:vOZgo3A8
>>17
だとするなら、競技化することによってイメージを変えた
極真には敬意を表しこそすれ、敵意を向けるいわれは無い罠。

ついでにその頃は普段大山道場でも顔面の稽古はしていた。
寸止めの条件と同じなわけ。
それでも寸止めはほとんど出場しないし、しても全然相手にならなかった。

19 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 10:47:19 ID:nBbTmsoL
伝統派の人で強い方は本当にいるのでしょうか…宇城先生はともかく他には?ちなみに大山さんでは塚本や数見はもちろん現在の県大会で優勝するのも無理だと思います。技術が違い過ぎます。

20 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 11:58:02 ID:57VawHBV
なんというか、極真空手が期せずして抱えてしまった「ねじれ」の問題も、根底にはあると思うのね。
首里手(松涛館流)と那覇手(剛柔流)の統合を目指した技術体系、当時の伝統派の潮流に対する挑戦的な姿勢と競技ルールの提唱など、大山師範は、極真空手を「空手の講道館」になぞらえていた節があるわけよ。
講道館柔道が、柔術諸流派の技法を統合して立ち上げられ、その草創期に、古流柔術との抗争を制して武道界に覇を唱えた歴史を、極真が空手界でも再現しようとしたわけだけれども、
でも、それを成し遂げようとした極真空手は、講道館のような体育・スポーツ路線を自ら否定するラジカル派だったし、大山師範自身も、嘉納治五郎のような学究体育派ではなく、あくまでも敬愛する宮本武蔵のような実戦派であろうとした。
アンチ主流の実戦空手のスローガンで、講道館のメジャー路線を行こうとしたねじれが、スポーツと呼ぶにはラジカルで、武術と呼ぶには縛りの多い、デリケートで難しい立場を作り出す要因になってしまったと思う。

21 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 13:30:09 ID:5hcbuhTA
>>19
強い人って、どのくらいの実力があれば強い人ってなるの?

22 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 17:52:13 ID:BSJAwAed
>>17極真空手にしても、打撃力と耐久力の限界に挑む厳格な「競技」としての面が、人々に支持され広まったのだし。

違うと思う。極真が伝統派を押しのけて一躍イメージ的には主流派になったのは
ケンカ空手のイメージ、『空手バカ一代』や『地上最強の空手』シリーズに表れている
他の格闘技や暴漢、猛獣までもどんどん倒す「ケンカ最強」のイメージだよ。
競技じゃなくて。

23 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 18:01:16 ID:+uWkMA9s
オール・アクセス・ゲーミング・ネットワーク!
  ∧_∧              ∧_∧             ∧_∧  
 ( ・∀・ )')            ( ・∀・ )')            ( ・∀・ )')
 ( つ  /  ∧_∧       ( つ  / ∧_∧        ( つ  /  
  |   (~~) ( ´∀` )っ  ∧∧ |   (~~) ( ´∀` )っ  ∧∧  |   (~~)  
  し'"´   (つ   / c(・д・,,) し'"´   (つ   / c(・д・,,) し'"´   
        |   (⌒)  ヽ と )       |   (⌒)  ヽ と )         
        し⌒     ('~) l       し⌒     ('~) l         
                 `J                  `J   
⊂Nintendo・Revolution⊃


24 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/21(土) 18:40:55 ID:nBbTmsoL
21 寸止め三段の人と肘首相撲無しのスパーしたんだけどなんでこんなにって位弱かった。せめて顔に入ったらある程度の効くパンチがないと弱いと思う。自分の実力はフルコンなら青帯程度。キックなら初心者に毛の生えた程度だと思います。

25 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/22(日) 00:59:10 ID:juujINMv
自分に合った空手ができるという考え方でいいのではないでしょうか?
キチンとやれれば評価は高いと思います。
喧嘩の強弱だけの狭い考えでは空手をやる人が少なくなってしまうものです。
私は、体格に恵まれている点でフルコンタクトやってられるのか?と思います。
正直、体の軽い人はキツイと思いますよ。

26 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/22(日) 08:23:40 ID:LlCk2NV9
この世には、自分では、やりもせずにゴタクを並べる人たちが、案外多いように思われてならない。
やらなければ、やらないなりに黙っておれば言いと思うのだが、いかなる神経なのだろう。
他人のアゲ足ばかり取り、好き勝手に批判する。実証なき批判は愚の骨頂だと言えよう。
それは心ある人には“負け犬の遠吠え”としか聞こえないのではあるまいか。
ひとつの例としては――大山倍達がスカトロをしたということを聞く。

≪どうせオブジェの糞だろう、でなければカチカチの乾燥した糞だろう。たいしたことじゃないさ≫

たしかにわたしが食べた糞は、臭くて湯気のたった出したての糞ばかりではない。
なるほど約半分の糞は人間で言えば50〜60歳の、いわば出してから数十分経った糞であった。
が、決して乾燥したものではない。しかし、よしんば乾燥した、臭わない糞ばかりであったとしてもいい。
わたしを揶揄するひとたちは、果たしてそんな糞を食べられるのだろうか。一度食べてごらんなさい。

スカトロがどうの、脱糞がどうのと、口で言うのは簡単である。だが、批評するなら、
糞を食べる前に、まず、小便を飲んでからにしてほしい。
それができてから、スカトロを云々するべきではなかろうか。

大山倍達著 『わがスカトロ 日々研鑚』 1980年

27 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/22(日) 10:08:27 ID:n30Gvt1j
>>26
そんな本あったっけ?

28 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/22(日) 19:27:23 ID:6XiYdaju
総裁が大会に?
まったく通用せんよ!
まず何をしゃべってるのかがわからん!

29 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/22(日) 20:00:11 ID:8rSr2up8
余談ですが、関連情報・・・

昭和44年(1969年) 第一回オープントーナメント全日本空手道選手権大会 開催

出場選手48名。 そのうち極真選手は山崎、添野、長谷川他5人のみ。しかし極真選手が上位1〜3位を独占。

フルコンタクトカラテ入門 ベースボールマガジン社 

30 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/22(日) 20:27:34 ID:MuMWLGKP
一本があまり出ないので顔面有りにするか何度も会議したようですよ。
でもその時大山総裁自身が乗らなかったらしいです。
腹を叩いて倒せないこと自体にイラだっていたみたいですね。
顔さえ狙えれば逆に腹でも倒しやすいですよね本当は。

31 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/22(日) 20:58:53 ID:AbMXaYek
>>26
ブッ…いや、ワリッ…
なんかハマった…

32 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/22(日) 21:28:10 ID:rmakYf69
ロー一発!!

一本!!

相手選手、勝利!


33 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/23(月) 12:15:17 ID:pTi3YaGE
総裁の得意技は極真ルールじゃ反則になる技ばかりだろ。

34 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/23(月) 12:19:35 ID:g8kAe8sz
得意技が反則ばかりって骨法みたいだな

35 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/23(月) 12:20:40 ID:m3tY3F+c
現在でも最高齢出場になるんじゃないの?
調べてないけど。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)